一人暮らしと転勤

予想はしていたが、突然の転勤で一人暮らしをすることになった。初めての部屋探しで感じたことは、選ぶ地域によって一人暮らしで叶う条件がものすごく、変わったことだった。

一人暮らしをする事になった

一人暮らしが転勤によって決まる

入社してから3年目、分かってはいたし覚悟はしていたけれど、東京本社への転勤が決まった。これにより一人暮らしをする事が決定した。会社の寮もあるらしいが、会社から遠く通勤には意外と時間がかかるらしいとの事。家賃は格安らしいが、結構郊外にあるため何かと不便という話も聞いた。朝にあまり強くないので、どうせなら一人暮らしをしようと決めた。とはいうものの、入社3年目の今の給料では到底都心には住めないだろうと思う。

一人暮らしの為の貯金がない

まったくもって都内の家賃相場が分からない。部屋探しに行って、そんな家賃じゃ借りれるとこないよ。なんて言われたら、一人暮らしもまともに出来ないのかとショックでかいな。給料はどうにもならないから仕方ないが、今の貯金もたいしてない。この状況で部屋探しするのは、どう考えたって不利だよな。家賃が出せても、一人暮らしを始める為の初期費用がない、どうするか。こうなったら初期費用がものすごく安い部屋を探すしかないな。

一人暮らしの初期費用をとことん抑える

初期費用をとことん安く抑えれば、何とかなるだろうから、とことん探してみるしかないな。転勤まで時間がないから、なんとか1か月以内に探して一人暮らしを始めないとまずい。さっそく明日不動産会社に行って探してみよう。とりあえず駅前で見つけたお店に入ってみた。季節は3月、新生活を始めようとするお客さんで、ものすごく混んでいた。こんな状況で本当に望む、一人暮らしの部屋を見つける事が出来るのだろうか、不安を感じる。